FC2ブログ

Entries

これぞ本場仕込み!イタリア ヴェネト州産の兎のロートロ☆

日本では食材として耳慣れない言葉「兎」、読み方はご存知「うさぎ」ちゃん・・・。「ええぇぇっ!?」と思われた方、びっくりされたかもしれません。でも、欧州では立派な高級食材としてよく食されるのであります。国それぞれの文化があるように、食文化も本当に様々。私たちの中でもっとも馴染み深いお肉のひとつである牛や豚だって、国によっては食べてはならないところもあるのですから。有難くいただきましょう!と、いうことで、こちらのお料理、『イタリア産ポルチーニ茸と香草を巻いたイタリア・ヴェネト州産の兎のロートロ 兎の大好きな人参の若葉の温製サラダ仕立て』(人参の葉のサラダはちょっとしたユーモア狙いですが・・・)というメニュー。兎のお肉に具材(キノコや香草)を巻き込んで調理したお料理でございます。兎さん自体はとても淡泊な白身のお肉で上質な鶏肉のようなやさしい味わいです。身質も弾力はありますが柔らかい肉質なのです。今回、お客様から「兎が食べたいっ!」とのリクエストを頂きましたのでシェフのスペシャリテ(特別な料理)として提供させて頂きました。『これぞ本場で修業した者ならではの料理!』ですね♪
兎のロートロ
※今回のような食材・お料理は通常メニューでは取り扱っておりませんのでご了承くださいませ。兎に限らず、これからの季節に本場のジビエや他、ご興味ある食材がございましたらお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト



『目指せ麺通☆』特製手打ちパスタ

こちら、当店でシェフが打っております手打ちパスタ、「タリアテッレ」というやや幅広の平打ち麺の手打ちパスタの仕込み風景。全ての工程を手作業で行います。数あるパスタの種類の中で当店ではこのタリアテッレをよく使用します。手打ちパスタは乾麺のスパゲティのようなツルっとしたのど越しを求めず、味、食感、食応え、特にソースとの相性を考えて、打ち手それぞれのセンスによる配合で少量ずつ打ちます。消費期限も短いですし、管理にも気を使います。それだけに手打ちパスタはプレミアム感がありますし、スパゲティにはない「味」が麺にあるのです!機械で作る「手打ち風パスタ」ではなく本物の「手打ちパスタ」、もしお見かけの際は、当店だけでなくともどうぞ宜しければ召上ってみてください。他にもいろいろな手打ちパスタも作っております。ラーメンの麺にも好みがあるように、お気に入りのパスタが見つかるかもですよ!
手打ちパスタ「タリアテッレ」

Extra

プロフィール

ヴォナ フォルトゥーナ

Author:ヴォナ フォルトゥーナ
『千産千消のイタリアン』
☆千葉県佐倉市で、自家菜園の野菜達と「地(千)産地(千)消」への取り組みで地域活性、食の安心と安全、美味しいものを常にさがし求める小さなイタリア料理店

リストランテ ヴォナ フォルトゥーナ
〒285-0854 千葉県佐倉市上座498-7松村ビル1階
tel/fax : 043-463-7147
E-Mail : buona-fortuna@moon.odn.ne.jp
hp : http://r.gnavi.co.jp/a660700/

最新記事

ヴォナログご来店数

ようこそお越しくださいました
ヴォナログへのご来店 まことにありがとうございます